ここけPA

絵描きのブログだったような気もする。最近は映画を借りてきて見るのにはまっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東方カップリング論

 東方と言えばカップリング、そしてその大部分を占めるのは百合と呼ばれる女性同士のアレやコレやを描くジャンルであります。

図1

kenemoco0602.jpg

その中でも筆者が推奨するのが図1に示される上白沢慧音、藤原妹紅による「けねもこ」です。(もこけーねとも言う)
慧音の溢れんばかりの母性をその一身に受けるもの。それが妹紅だというのが私の見解であります。

儚月抄小説版のくだりはまあ忘却の彼方に追いやるとして、いろいろネタの尽きないカップリングなので、方向性がいまだ定まらないところであり、今後も私は私のけねもことよろしくやっていくつもりです。

さて、上白沢慧音というキャラクターの持つ母性というものは時としてあらぬほうへ誤爆するものでありまして、エロ展開はなおのこと彼女より上位の存在にとっては匂い立つまでの受けオーラへと姿を変えるのです。

図2

eikene.jpg

基本的に頭の固いマニュアル人間なので不測の事態に弱く、不条理が人の形をとったような東方キャラたちにとってはまさに隙だらけなのが慧音のかわいいところなのです。つまり総受けなのです。先に示したけねもこは唯一の例外と言ってもいいでしょう。(しかしそれすらも慧音の庇護欲の矛先に妹紅があえて甘んじていると解釈すれば慧音攻めの牙城は儚くも崩れ去るものです)

そう、つまりはどう解釈するか、ということなのです。皆様も楽しいCPライフをお送りください。

スポンサーサイト

生きてました

フゥーハハー!社会人は本当に地獄だぜー!

つないだーてはーはーなーさーなーいー

まあなんとかやってますのことよ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。