ここけPA

絵描きのブログだったような気もする。最近は映画を借りてきて見るのにはまっています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あけましておめでとうございます

少々遅めの新年のご挨拶です。

去年はいろいろありましたが、さて今年はどんな年になるでしょうか。
今後ともよろしくお願いいたします。

公式絵ですら装備有りのが無いってどういうことなの・・・

「扶桑ではこれが新年を迎える正装だそうだが?」
「あってるけど間違ってる!ってか身に覚えのある奴はそこに直れオラァァァ」

ストライクウィッチーズのライトノベルシリーズである、スオムスいらん子中隊より
エリザベス・F・ビューリング少尉です。

本来ならばここからシリアルコードや国籍マーク、迷彩塗装をするのですが、無塗装の状態が気に入ったのでこれはこれで残しておきます。
塗装したものはまた改めて追記にでも載せておきます。

今回は2巻以降より使用されているスピットファイアMkⅤです。たまたまDVDのブックレットに設定が載っていたので助かりました。
銃はそれ以前に使用していたブローニング .303ブリティッシュ 7.7mm機関銃・・・
の同型であるM1919より、またもブックレットからルッキーニ使用のA6型を参考にしました。
(というよりビューリングが使っていたのはM1919の輸出モデルなんだそうです。同じ装備でも保有する軍隊で呼称が違うってのがややこしいです)

劇中では、このスピットファイアを穿いてるならばイスパノスイザの20mmなのですが、調べても銃座に付いているとこしか見つからず・・・本来歩兵向けの装備ではないようです。

こういうところはまだ知識が足りないので、いろいろ本を読んでみようかと思います。

ちなみに各キャラの設定や武装などは、アニメ板のストライクウィッチーススレのwikiにまとめられているので、
興味のある方は探してみると面白いですよ。 続きを読む
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。